子どもが飲みやすい人気の青汁をランキングしました。

通常は青汁と言えば、独特の苦みや臭みが特徴ですが、フルーツ味など飲みやすい工夫がされた子ども向けの青汁が続々登場しています。

お子さんが毎日おいしく飲んでスクスク成長していきますように!

人気の子ども青汁の特徴!

野菜嫌いの子供

野菜の栄養を手軽に摂れる青汁ですが、そもそも野菜嫌いの子にとっては、青汁の独特の臭みや味も苦手なものです。

はじめは我慢して飲めても、ずっと続けていくとなると、親としても飲ませるだけで一苦労ですよね。

そのようなわけで最近のところ子育て家庭で人気の青汁の特徴として、まず飲みやすさという点が求められているようです。

フルーツ風味のジュース感覚で飲める青汁もありますから、そのようなものなら子どもも喜んで続けられそうですよね。

次には、やはり安全性という点が大きなポイントとなってきます。

野菜に関しては残留農薬の心配がありますし、食品添加物の中にも有害と言われるものもあります。

幼い子供ほど体内の毒素を排出する機能が未熟ですから、青汁のように毎日飲み続けるものでは、なるべく有害と思われる成分が少ないほうが安心ですね。

そこで、子ども用の青汁では完全無添加で主原料を有機栽培でつくったものもありますし、特に有害される人工甘味料や着色料・保存料を不使用にしたものもあります。

また人気の青汁では、栄養価やコスト面でも企業努力が感じられます。

多くの場合、主原料には飲みやすさと栄養価の高さで定評のある大麦若葉が使われていますし、野菜以外にもスピルリナや乳酸菌、カルシウムやDHAなど子どもの成長をサポートする成分が色々と配合されています。

コスト面では1杯120円~140円程度となっており、定期コースであれば1ヶ月分を初回980円から始められますから、わりと気軽に試しやすいのではないでしょうか。

子どもの青汁人気ランキング発表 !

子どもの青汁で今人気が高い製品を、サイト運営者の独断でランキングしましたのでご参考にしてください。

子どもの青汁人気ランキング1位 子どもバナナ青汁

子どもの青汁人気ランキング1位 子どもバナナ青汁の特徴

子どもバナナ青汁は、
・ほとんどの子が好きなバナナテイストで飲みやすい
・大麦若葉を含む野菜13種、フルーツ6種を配合
・ヨーグルト15個分にもなる乳酸菌とビフィズス菌を配合
・50種以上の栄養の宝庫「スピルリナ」を配合
・ミネラルたっぷりの黒糖も配合しており程よい甘み
・60日間返金保証で試しやすい
・人工甘味料や保存料を不使用

という感じです。

価格 容量
 定期初回980円  1箱30包
原材料
 大麦若葉末、バナナパウダー(分岐オリゴ糖、バナナピューレ、デキストリン)、黒糖粉末、ビフィズス菌末(デキストリン、殺菌ビフィズス菌体)、乳酸菌末(デキストリン、殺菌乳酸菌体)、スピルリナ粉末、明日葉末、果汁混合粉末(デキストリン、リンゴ果汁、グレープフルーツ果汁、パイナップル果汁、マスカット果汁、ピーチ果汁)、ケール末、ブロッコリー末、カボチャ末、チンゲン菜末、パセリ末、ニンジン末、セロリ末、苦瓜末、ほうれん草末、桑の葉末、モロヘイヤ末、よもぎ末、トマト粉末、香料、乳酸菌、乳化剤【アレルギー表示】乳、バナナ、リンゴ、もも
備考

 定期コース2回目以降は3,700円。最低2回の継続が条件。

子どもバナナ青汁の総評

94.1%の子どもが「おいしい」と感じた飲みやすさが一番の強みです。でも、それだけでなくたっぷりの乳酸菌とスピルリナを配合しているところなど、子ども用としてはレベルが高すぎるぐらいの配合内容となっています。

返金保証や初回980円の定期コースなど試しやすさも注目ポイントです。

 

子どもの青汁人気ランキング2位 グリーンミルク

子どもの青汁人気ランキング2位 グリーンミルクの特徴

グリーンミルクの特徴は、
・農薬不使用の大麦若葉が主原料
・完全無添加で安心
・カルシウムは1杯で牛乳3本分配合
・脳の発達をサポートするDHA、EPAを配合
・58種類の野菜発酵酵素と食物繊維
・多くの教育機関で採用実績あり

という感じです。

価格 容量
 定期コース4,200円  150g(5g×30包)
原材料
還元麦芽糖、有機大麦若葉末、クリーミングパウダー、DHA・EPA含有精製魚油、ミルクカルシウム、抹茶粉末、難消化性デキストリン、植物発酵エキス末、卵殻カルシウム、ステビア(甘味料)、ビタミンC(原料の一部に乳・卵・りんご・山芋を含む)【アレルギー表示】卵・乳・やまいも・りんご
備考
 

グリーンミルクの総評

グーリンミルクは、まずは安全性のこだわりという点が他の製品よりも際立っています。完全無添加で主原料も土づくりからこだわった有機栽培ということですから、手間がかかっています。

保育園でも採用されている実績がありますから、何よりも安心感を重視するというご家庭にとっては最適な青汁と言えると思います。

子どもの青汁人気ランキング3位 こどもフルーツ青汁

子どもの青汁人気ランキング3位 こどもフルーツ青汁の特徴

こどもフルーツ青汁の特徴は、
・大麦若葉使用(九州産)
・14種の野菜と4種のフルーツ使用
・乳酸菌とビフィズス菌入り
・保存料、着色料無添加
・カルシウムが1杯140mg
・1日50mlの少量でOK
・GMP認証工場で製造
・1ヶ月間の返金保証付き
・専用シェーカープレゼント(定期コース)

という感じです。

価格 容量
 8,208円(税込)  120g(4g×30本)×2箱
原材料
 大麦若葉末、サトウキビ糖、黒糖、果汁パウダー(りんご濃縮果汁、デキストリン、砂糖)、バナナパウダー(分岐オリゴ糖、バナナピューレ、デキストリン)、マンゴーパウダー、ケール末、ビフィズス菌(デキストリン、殺菌ビフィズス菌体)、ブロッコリー末、乳酸菌末(殺菌乳酸菌体、デキストリン)、かぼちゃ末、チンゲン菜末、パセリ末、人参末、セロリ末、苦瓜末、ほうれん草末、桑の葉末、モロヘイヤ末、よもぎ末、トマト末、温州みかん、貝カルシウム、香料、酸味料、乳化剤、(原材料の一部にバナナ、乳、りんごを含む)【アレルギー情報】バナナ、乳、りんご
備考
 2箱セットなので価格がお高めになっています。今だけ無料サンプルプレゼント中。

こどもフルーツ青汁の総評

飲みやすい工夫と豊富な栄養で長く人気の青汁です。1杯の目安50mlと少量なので、たくさんの量が飲めない幼いお子さんに良さそうです。まずは無料サンプルで試せるのもいいですね。

子どもバナナ青汁の人気のワケは?

ママさんのおすすめ

人気の青汁をピックアップしてきましたが、やはり個人的にも1位のバナナ青汁が一番のおすすめです。

バナナ青汁の特徴は、飲みやすさ・栄養価・安全性・コスパのバランスが良いという点です。

なにしろ子供が飲むものですから、まずは飲みやすくなくては続けられません。バナナ青汁はほとんどの子が好むバナナ風味で、牛乳を加えるとバナナオレにもなります。

実際に、バナナ青汁を飲んだ子どもの94.1%が「おいしい」と感じたというデータがあります。

栄養面では、スーパーフードのスピルリナや乳酸菌を配合するなど、十分なクオリティの高さです。

安全面でも、有害性が高いと言われる食品添加物は一切使っておらず、国内の品質管理のしっかりした工場で製造されています。

定期コースなら初回980円から始められますし、子どもに合わないと感じたときは、2回目以降の期限内であれば全ての代金を返金してもらえます。

初めて子どもに青汁を飲ませてみたいというご家庭にはピッタリだと思います。

子どもバナナ青汁の詳しくは以下をクリックして公式サイトでご確認ください。
↓ ↓ ↓

野菜不足のこどもに【こどもバナナ青汁】こちら

 

Copyright© 青汁の力 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.